コロプラ、「日本全国すぐれモノ市-コロプラ物産展2012-」にて6万人以上を動員・・・売上高は8000万円 | GameBusiness.jp

コロプラ、「日本全国すぐれモノ市-コロプラ物産展2012-」にて6万人以上を動員・・・売上高は8000万円

その他 その他

株式会社コロプラ  が、東急百貨店吉祥寺店にて5月31日から6月6日まで開催した「日本全国すぐれモノ市 -コロプラ物産展2012-」にて、7日間の会期通算での物産展催事売上合計が約8,000万円に達したと発表した。
  • 株式会社コロプラ  が、東急百貨店吉祥寺店にて5月31日から6月6日まで開催した「日本全国すぐれモノ市 -コロプラ物産展2012-」にて、7日間の会期通算での物産展催事売上合計が約8,000万円に達したと発表した。
株式会社コロプラが、東急百貨店吉祥寺店にて5月31日から6月6日まで開催した「日本全国すぐれモノ市 -コロプラ物産展2012-」にて、7日間の会期通算での物産展催事売上合計が約8,000万円に達したと発表した。

同企画は昨年から数えて2回目の開催。昨年は4万人の来場者・約7,000万円の売上を記録したが、今回はさらにそれを大幅に上回る6万人を来場者と約8,000万円の売上を記録した。景気悪化による個人消費の低迷や東日本大震災の影響により全国百貨店売上高が15年連続で減少傾向にある中、東急百貨店吉祥寺店とコロプラが開催した同物産展においては、昨年と比べて20%近くも売上を伸ばす結果となったという。

コロプラは今後もこうしたインターネットを通じて実店舗などでの購買に影響を及ぼすO2O(オンラインtoオフライン)活動を積極的に拡充していくとしている。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら