東京ゲームショウ2012、メインビジュアル発表 | GameBusiness.jp

東京ゲームショウ2012、メインビジュアル発表

その他 その他

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)と日経BP社は、「東京ゲームショウ2012」の世界観を表現するメインビジュアルが決定したと発表しました。
  • 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)と日経BP社は、「東京ゲームショウ2012」の世界観を表現するメインビジュアルが決定したと発表しました。
社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)と日経BP社は、「東京ゲームショウ2012」の世界観を表現するメインビジュアルが決定したと発表しました。

今年のテーマは「GAMEで笑顔がつながっていく。」で、イラストは2010年から3年連続となる形部一平氏の作品を採用。今年のテーマを元に、ゲームの世界から飛び出した彼女が、人とのつながりを求め笑顔で手を差し伸べる姿を表現したイラストになっています。

また、イラストレーターの形部氏は「3年連続の登場となるキャラクターの彼女は、多彩なデバイスを身にまとったゲームそのもの。彼女は今年、電脳の街から託された「笑顔の記憶」を私たちに届けるべく街を飛び出します。そしてこちらに差し伸べられた手はあなたに向けられているのです」と、作品に対してメッセージを送っています。

なお、「東京ゲームショウ2012」の出展申込は6月1日までとなっています。その後6月26日に行われる出展社説明会にあわせて、展示規模や出展社の発表、主催者企画などの詳細が発表される予定となっています。

「東京ゲームショウ2012」は、2012年9月20日(木)〜23日(日)までの4日間幕張メッセで開催予定です。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら