東日本大震災の被災者自身が思いを綴った電子書籍「Life after Shock」発刊 | GameBusiness.jp

東日本大震災の被災者自身が思いを綴った電子書籍「Life after Shock」発刊

その他 その他

NANAROQ(ナナロク)は、東日本大震災被災者自身が制作したフォトドキュメンタリーブック「Life after Shock」をiPad用電子書籍として発刊しました。
  • NANAROQ(ナナロク)は、東日本大震災被災者自身が制作したフォトドキュメンタリーブック「Life after Shock」をiPad用電子書籍として発刊しました。
NANAROQ(ナナロク)は、東日本大震災被災者自身が制作したフォトドキュメンタリーブック「Life after Shock」をiPad用電子書籍として発刊しました。

「Life after Shock」は、岩手県釜石市鵜住居町で東日本大震災に遭遇した、中村佑貴さんにより撮影された写真、状況の説明、音声で構成されたフォトドキュメンタリーブック。被災者自身が体験したこと、感じたことをありのままに綴った作品となっています。

著者の中村佑貴さんは、本書発刊にあたり、「震災から一年が経過した今、追憶の一里塚として、また後の皆様への警鐘として、自身で電子書籍“Life after Shock”の制作とリリースを決意しました」とのコメントを寄せています。

現在、iBookstoreは日本での有償書籍販売をサポートしていないため、日本のiBooksでは入手できませんが、対応し次第、日本国内でも販売を開始する予定とのことです。また今後も、同様の構成で、東日本大震災被災者自身の生の声を継続して届けるとのことです。

「Life after Shock」は、iBookstoreよりダウンロード可能で価格は4.99ドルとなっています。
《富岡昌》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら