ソーシャルゲーム『Plants vs. Zombies』、リアルグッズ展開を開始 | GameBusiness.jp

ソーシャルゲーム『Plants vs. Zombies』、リアルグッズ展開を開始

その他 その他

大手ゲームメーカー  Electronic Arts(EA)  傘下のソーシャルゲームディベロッパー  PopCap Games  が、同社の人気ソーシャルゲームの一つである『Plants vs. Zombies』のグッズ販売を開始した。
  • 大手ゲームメーカー  Electronic Arts(EA)  傘下のソーシャルゲームディベロッパー  PopCap Games  が、同社の人気ソーシャルゲームの一つである『Plants vs. Zombies』のグッズ販売を開始した。
大手ゲームメーカーElectronic Arts(EA)傘下のソーシャルゲームディベロッパーPopCap Gamesが、同社の人気ソーシャルゲームの一つである『Plants vs. Zombies』のグッズ販売を開始した。

『Plants vs. Zombies』は自分の庭に様々な能力を持った植物を配置して、侵入しようとするゾンビを撃退するというタワーディフェンス型のゲーム。最初はWhindows向けのPCゲームとしてリリースされ、のちにソーシャルゲーム化され、現在はスマートフォン版もリリースされている。

現在同社ではゲーム中に登場するキャラクターのぬいぐるみを販売しているが、さらにグッズを増やすため、新たにBioworld MerchandisingJazwaresWalls360FunkoMjCTrends Internationalの計6企業とライセンス契約を締結。2013年までにぬいぐるみ、フィギュア、衣料品、アクセサリー、ポスター、ガジェットとありとあらゆる種類のグッズを制作・販売するという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら