コモドールを設立し低迷期アタリの社長も務めたJack Tramiel氏が他界 | GameBusiness.jp

コモドールを設立し低迷期アタリの社長も務めたJack Tramiel氏が他界

その他 その他

米経済誌Forbesにて、コモドール社の創設者、また低迷期のアタリの社長を務めたことでも知られるJack Tramiel氏が、家族に囲まれながら今週日曜日に他界していたことが明らかにされました。Tramiel氏は83歳でした。

Jack Tramiel氏は1928年にポーランド在住のユダヤ人家族に生まれ、第二次世界大戦中にはアウシュビッツ収容所への投獄を経験。戦争終結後は米国へと移住し1958年にコモドールを設立すると、“世界一売れたパソコン”ことコモドール64などでコンピュータ機器の黎明期を盛り上げました。この際にTramiel氏が推し進めた大衆向け低価格路線が、現在の家庭でも手に入るホームコンピュータ市場の礎になったと言われています。

また同氏は1984年に経営方針の対立などでコモドールから退社すると、当時アタリショックで低迷期を迎えていたアタリの家庭用ゲーム・パソコン部門を買収。Atari STを生み出しコンピュータ市場へと早々に復帰したことでも有名です。


(ソース: Forbes)

【関連記事】

マイケル・ジャクソン氏、やはり『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』の作曲に関わっていた
スティーブ・ジョブズ、死去…アップル創業者で前CEO
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら