ソーシャルゲームディベロッパーのDragonplay、1400万ドル資金調達 | GameBusiness.jp

ソーシャルゲームディベロッパーのDragonplay、1400万ドル資金調達

その他 その他

イスラエルのソーシャルゲームディベロッパー「  Dragonplay  」が、シリーズA投資ラウンドにてベンチャーキャピタルのAccel PartnersとFounder Collective、Entrée Capitalから計1400万ドルの資金調達を行った。
  • イスラエルのソーシャルゲームディベロッパー「  Dragonplay  」が、シリーズA投資ラウンドにてベンチャーキャピタルのAccel PartnersとFounder Collective、Entrée Capitalから計1400万ドルの資金調達を行った。
イスラエルのソーシャルゲームディベロッパー「Dragonplay」が、シリーズA投資ラウンドにてベンチャーキャピタルのAccel PartnersとFounder Collective、Entrée Capitalから計1400万ドルの資金調達を行った。

Dragonplayは2010年に設立された企業で、FacebookとAndroidの双方でプレイできるソーシャルゲームを開発・提供している。これまでポーカーゲーム『Live Holdem Pro』、戦艦を操作して海戦できるゲーム『Sea Battle Live』など5つのタイトルをリリースしており、特に『Live Holdem Pro』は好評で200万人以上もの月間アクティブユーザーを有している。

今後同社では今回得た資金をもとにiOSへの対応を進めていくという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら