セルシス、人型3D入力デバイスの製品名を「QUMARION」に決定 | GameBusiness.jp

セルシス、人型3D入力デバイスの製品名を「QUMARION」に決定

その他 その他

株式会社セルシス  が、3DCGデータを操作するために開発された入力装置及び制御技術「QUMA(クーマ)」による人型3D入力デバイスの製品名称を「  QUMARION(クーマリオン)  」に決定したと発表した。
  • 株式会社セルシス  が、3DCGデータを操作するために開発された入力装置及び制御技術「QUMA(クーマ)」による人型3D入力デバイスの製品名称を「  QUMARION(クーマリオン)  」に決定したと発表した。
株式会社セルシスが、3DCGデータを操作するために開発された入力装置及び制御技術「QUMA(クーマ)」による人型3D入力デバイスの製品名称を「QUMARION(クーマリオン)」に決定したと発表した。

同デバイスはソフトイーサ株式会社、セルシス、電気通信大学発ベンチャー企業である株式会社ビビアンが共同で2009年から開発してきた関節を持つ人形型のデバイス。関節内部にあるセンサーにより特定の瞬間の人形のポーズ (姿勢) をキャプチャできるというもので、直感的な操作で使用できるので初心者でも3DCGを活用した静止画やアニメーションを簡単に制作できるようになる。

「QUMARION(クーマリオン)」という名称は「QUMA」技術と操り人形(マリオネット)のようなフォームを 持った入力ハードウェアデバイスの組み合わせから生み出された造語。今年5月頃に一般発売される予定で、セルシスでは製品名の決定と合わせて製品サイトもオープンしメールマガジンの購読者を募集している。今後パッケージ内容や仕様について同サイトにて発表されるとのこと。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら