『Angry Birds』2周年イベントin原宿SoLaDoレポート | GameBusiness.jp

『Angry Birds』2周年イベントin原宿SoLaDoレポート

その他 その他

12月11日はフィンランドのRovio Entertainmentが提供する人気ゲームアプリ「Angry Birds」の誕生日!そこで今年は東京でも公式イベントが開催されました。

元々12月11日には世界中で公式・非公式合わせ数えきれないくらいのAngry Birds誕生日イベントが開催されてきましたが、日本で開催されるのは今年が初めて。ちょうど今月頭にフィンランド大使館にて日本市場への本格展開をアピールするレセプションパーティを開催したばかりですが、日本でのAngry Birds人気はどんな感じでしょうか?





イベント会場はこちら、原宿・竹下通りにあるファッション&フードスペース「SoLaDo」。2階部分がフードコートになっているのですが、ここ全面がイベント会場のようです。

で、2階に上がると…













Angry Birdsだらけで店内フルモッフ状態。普通にテーブルの上にぬいぐるみ達が飾られており、お客さんも自由にモフり放題です。







店内奥はゲームコーナー。「断熱材でできた豚小屋を鳥のぬいぐるみで崩す」という、正直海外と比べるとかなり小規模な参加型ゲームでしたが、それでも子供から大人までたくさんの人が挑戦していました。最初の話では「ゲームに勝つとTシャツプレゼント」でしたが、実際はフードコートに着た人にTシャツ無料配布、さらにゲームに参加すると日本未発売のグッズをプレゼントという大盤振る舞いっぷりでした。この日SoLaDoのフードコートに来た人は本当にラッキーでしたね。



こちらが無料配布されていたTシャツ。レッドバードとフィンランドの国旗をあしらったデザインですね。

なお、Rovioは同日13:00よりアップルストア銀座店でも記念講演を開催しました。こちらも取材してきたのでレポートをお楽しみに。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら