KONAMI、不正アクセスに対応する「ワンタイムパスワード」を導入 | GameBusiness.jp

KONAMI、不正アクセスに対応する「ワンタイムパスワード」を導入

その他 その他

KONAMIは、不正アクセスのリスクを減らす認証サービス「コナミワンタイムパスワード」を11月24日より導入すると発表しました。
  • KONAMIは、不正アクセスのリスクを減らす認証サービス「コナミワンタイムパスワード」を11月24日より導入すると発表しました。
KONAMIは、不正アクセスのリスクを減らす認証サービス「コナミワンタイムパスワード」を11月24日より導入すると発表しました。

近年、アカウント情報が盗み取られることによる不正アクセスが増加しています。こうした状況をふまえ、KONAMIは利用ごとに異なる新しいパスワードを使用する認証システム「ワンタイムパスワード」の提供をスタート。KONAMIが運営するショッピングサイト「コナミスタイル」や、コミュニティサイト「e-AMUSEMENT GATE」をはじめ、オンラインサービスやオンラインゲームに順次導入していくとのことです。

サービスの利用に必要となるパスワード生成器「KONAMI OTP TOKEN」は、コナミの通販サイト「コナミスタイル」、「KONAMISTYLE 東京ミッドタウン」で発売。VASCO Data Security社のDIGIPASSを採用しており、販売価格は1050円です。
《近藤智子》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら