「シリアス・ゲームの現状とその可能性」〜26日にオランダ大使館で開催決定【告知】 | GameBusiness.jp

「シリアス・ゲームの現状とその可能性」〜26日にオランダ大使館で開催決定【告知】

その他 その他

ゲームを社会における問題解決に応用したシリアスゲーム。それをリードするオランダのRanj Serious Gamesの共同設立者であるMarcus Vlaar氏による講演がオランダ大使館で開催されます。




オランダが世界をリードするゲーム分野「シリアス・ゲーム」の 現状とその可能性
10月26日、午後4時から、オランダ大使館にて、セミナーを開催!
- Ranj Serious Gamesの共同設立者 Marcus Vlaar氏が講演 -
 
エンターテインメント性のみを目的とせず、教育・トレーニングや医療・リハビリの領域で、今後、大きな市場性を持つと言われる新しいゲーム分野「シリアスゲーム」。
 
楽しくゲームをプレイしながら、その結果、知識を得たり、健康回復などに役に立つ、一石二鳥の新しいツールとしてますます注目を集めています。話題のゲーミフィケーションの新たなジャンルとしての可能性も秘めています。
 
オランダは、その「シリアス・ゲーム」の先進国として、産官学で様々な取り組みを行っております。中でも、今回、来日するRanji Serious Games社は、もっとも先進的な開発会社として、日本を始め、欧州各国のクリエーティブ関連の著名な賞をいくつも受賞しています。(日本では、NHKが主催する日本賞の東京都知事賞を2009年に受賞。)今回は、Ranj社の共同設立者でクリエイティブ・ディレクターのMarcus Vlaar氏が来日し、同社のシリアスゲームへの取り組み、及び開発する最新シリアス・ゲームを紹介させていただきます。また、オランダ大使館の科学技術参事官による、オランダ、及び欧州のシリアス・ゲームの動向ご紹介いたします。定員30名限定とさせていただきますので、参加希望の方はお早めにお申し込みください。(なお、一部を除き講演は英語で行い、通訳はつかないことをご了承ください。)
 
Marcus Vlaar氏の略歴(LinkedInより):http://www.linkedin.com/pub/marcus-vlaar/3/98a/637
 
開催概要
 
日時:2011年10月26日(水曜日)16:00?18:30(17:30より懇親会)
場所:オランダ大使館/東京都港区芝公園3?6?3
入場:無料(ただし、ゲーム企業、研究機関、官公庁・政府関係者、ゲーム関連協会など、ゲーム業界関係者に限らせていただきます。)
定員:30名 
 
プログラム:
16:00 – 16:15
オランダ、及び欧州における日本のゲーム関連企業にとってのビジネスチャンス
/駐日オランダ大使館 企業誘致局 プロジェクトマネージャー 松田 俊宏
 
16:15 - 16:30
オランダにおけるシリアスゲームの現状と今後の展望について
/駐日オランダ大使館 科学技術参事官 ポール・オプデンブラウ
   (講演は英語で行われ、通訳はつきません。)
 
16:30 - 17:10
シリアス・ゲーム:欧州のリーディング企業から見た、新たなゲーム分野としての大いなる可能性とRanj社の取り組み -同社作品のご紹介、及びデモ
/Mr. Marcus Vlaar/ Founder and Creative Director, Ranj Serious Games
(講演は英語で行われ、通訳はつきません。)
17:10 - 17:30 Q&A
17:30 – 18:30 懇親会
 
同セミナー聴講希望の方は、メールにて下記の情報を(game@nfia-japan.com )までお送りください。
《IGDA日本》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら