グローバルゲーム開発の現状と、その可能性〜IGDA日本SIGグローカリゼーション、8月27日開催 | GameBusiness.jp

グローバルゲーム開発の現状と、その可能性〜IGDA日本SIGグローカリゼーション、8月27日開催

その他 その他

国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)グローカリゼーション部会(SIG-Glocalization)では、第9回研究会「グローバルゲーム開発の現状と、その可能性」を、2011年8月27日(土)に開催します。

現世代機におけるゲーム開発規模の増加と共に、海外企業との協業事例が増加しています。そこで今回は欧米日の企業をクライアントとして持つ、中国、中東そしてインドの外資系ゲーム関連コンテンツ開発スタジオをお招きし、グローバルに展開するゲーム開発の現状と意義、その可能性について議論します。モデレートは立命館大学映像学部准教授で、SIGの共同世話人でもある中村彰憲氏が務めます。

第一部では各企業のプレゼンテーション、第二部では海外協業をめぐるパネルディスカッションを行います。海外開発スタジオの最新情報をはじめ、数多くの知見が得られる好機ですので、ぜひご参加ください。Ustreamの配信と録画も行います。(http://www.ustream.tv/channel/siggloc9

<概要>
■日程 8月27日(土) 15:00〜18:30(入場開始14:30)
■場所 株式会社サイバーコネクトツー東京スタジオ
〒140-0014 東京都品川区大井1-47-1 NTビル6F
大井町駅(JR京浜東北線・東京臨海高速鉄道りんかい線):中央口(アトレ側)出口より徒歩3分/東急大井町線:西口出口より徒歩4分
http://www.cc2.co.jp/company/access/access.html
■申し込み
下記サイト(ATND)からお申し込みください。
http://atnd.org/events/18415
《IGDA日本》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら