F2PのDotA『League of Legends』の登録ユーザー数が1500万人に | GameBusiness.jp

F2PのDotA『League of Legends』の登録ユーザー数が1500万人に

その他 その他

デベロッパーのRiot Gamesは、同社の運営する対戦型オンラインマルチプレイタイトル『League of Legends』の登録ユーザー数が1,500万人に達したと発表しました。

『League of Legends』は2009年10月より正式サービスが続いているF2P(基本プレイ無料)のDotA系作品で、今回発表されたデータによれば、毎日140万人以上のプレイヤーがゲームにログインし、1秒間に平均10ゲーム以上ものセッションが開始されているとのこと。

また、この発表と同時で“Season One”が終了、新たなチャンピオンWukong, the Monkey Kingを含む大型のパッチが提供されています。



『League of Legends』は現在の北米・欧州サーバーに加えて、今後は中国や東南アジアでもサービス展開が計画されているそうです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら