小島プロダクション、次世代ゲームエンジン“フォックスエンジン”を発表 | GameBusiness.jp

小島プロダクション、次世代ゲームエンジン“フォックスエンジン”を発表

その他 その他

ロサンゼルスで開催されたコナミのPre E3 Showでは『METAL GEAR SOLID』、『ZONE OF THE ENDERS』、そして『サイレントヒル』のHDコレクションが発表されましたが、これらの作品と小島プロダクションの今後の作品に採用される最新ゲームエンジン、“フォックスエンジン”(Fox Engine)も合わせて発表されました。



フォックスエンジンによる表現の例。その他の画像はこちら

このフォックスエンジンはマルチプラットフォーム向けのゲームエンジンで、PC/PS3/Xbox 360の他、高度なゲーミングプラットフォームで動作するよう構築されているそうです(デモンストレーションではXbox 360の開発キットを使用)。ツールも同梱されており、より短期間でのゲーム開発を可能にするとの事。

またトランスファリング(Transfarring)機能によって据え置き機でプレイしているゲームの続きを携帯機でプレイするといった事もできるのだそうです。トランスファリング機能については小島プロダクションのE3特設サイトでも解説されています。



MGS4の開発後から制作を続けてきたというフォックスエンジン。小島秀夫氏は今後更にエンジンを磨き上げ(極秘タイトルを創りつつ)、やがては世界一のエンジンにしたいと語っています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら