中国人民解放軍がゲーム開発に乗り出す・・・FPSで人員募集? | GameBusiness.jp

中国人民解放軍がゲーム開発に乗り出す・・・FPSで人員募集?

その他 その他

中国人民解放軍(People's Liberation Army)が、ミリタリー・シミュレーションを意図したファーストパーソン・シューターを開発中であると、中国日報(ChinaDaily)が伝えています。タイトルは『Mission of Honor』。Wuxi Giant Interactiveとの共同開発で、これまでおよそ2年の開発期間を費やしているとのこと。

軍用キャンプでの典型的な兵士生活から始まり、最終的にコードネーム“Mission of Honor”と呼ばれる大規模戦に至るストーリーライン。トレーニング、ソロミッション、チームコンバットといったモードが用意されているそうです。

開発理由として、外国製のミリタリーシムは、異なる価値観を持つ兵士を混乱させる可能性がある、との報告。また制作に関して、米陸軍の公式ミリタリーシムである『America 's Army』の影響も指摘されています。米陸軍が開発にこれまで3,300万ドルを投じているシリーズで、新兵の募集に(他のどんな方法よりも)効果的だった、と言われています(ただし『Mission of Honor』が市販されるかは不明)。

現在、『Mission of Honor』は主要な開発をすませデバッグ段階に入っており、中国人民解放軍の将校および兵士がプレイできる機会が、間もなく訪れると伝えられています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら