PlayStation Network、違法侵入により個人情報が漏洩 | GameBusiness.jp

PlayStation Network、違法侵入により個人情報が漏洩

その他 その他

ソニー・コンピュータエンタテイメントは、現在発生しているPlayStation Network障害問題に関して、個人情報が漏洩した可能性があることを明らかにしました。
  • ソニー・コンピュータエンタテイメントは、現在発生しているPlayStation Network障害問題に関して、個人情報が漏洩した可能性があることを明らかにしました。
ソニー・コンピュータエンタテイメントは、現在発生しているPlayStation Network障害問題に関して、個人情報が漏洩した可能性があることを明らかにしました。

現在PlayStation NetworkとQriocityの障害が発生中ですが、4月17日から19日にかけて不正アクセスにより、アカウント情報が漏洩していた可能性があるとSCEが告知しています。

漏洩した(不正アクセス者が入手した)とみられるアカウント情報は、登録されている「氏名」「住所」「Eメールアドレス」「生年月日」「PlayStation Network/Qriocityパスワード」「PlayStation Network オンラインID
」で、さらに「購入履歴」「請求先住所」「パスワード再設定用の質問への回答等のプロフィールデータ」と「サブアカウントに関する上記情報(お客様がサブアカウントを作成されている場合) も不正アクセス者が入手した可能性があると説明されています。

また、PlayStation NetworkとQriocityにクレジットカード情報を登録している場合、登録されているクレジットカード番号(セキュリティコードを除く)と有効期限に関する情報に関しては「不正アクセス者に入手された可能性を完全に否定することはできませんが、現時点ではそのことを示す形跡は見つかっておりません」とのことです。

なお、不正アクセスの事実が確認された時点でサービスを停止。この件の調査を情報セキュリティ専門会社に依頼し、実態の把握に努めています。また、個人情報の保護強化を目的としたシステムセキュリティを更に高度化するため、現在システムの再構築によるネットワークインフラの補強を行っています。

SCEは「弊社にとって安全且つ高品質のエンタテインメントサービスをお客様に提供することは最優先事項と認識しております。弊社では今回の事態を真摯に受け止め、引き続き個人情報の保護の強化とサービスの速やかな復旧を目指してまいります」とコメントしています。

また、サービス復旧した際にあ、パスワードを変更することを強く推奨しています。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら