『戦国IXA』登録ユーザー数50万人突破 ― 30〜40代のユーザーを獲得 | GameBusiness.jp

『戦国IXA』登録ユーザー数50万人突破 ― 30〜40代のユーザーを獲得

その他 その他

スクウェア・エニックスとYahoo! JAPANは、両社が共同で開発・運営するブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』の登録ユーザー数が50万人を突破したと発表しました。
  • スクウェア・エニックスとYahoo! JAPANは、両社が共同で開発・運営するブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』の登録ユーザー数が50万人を突破したと発表しました。
スクウェア・エニックスとYahoo! JAPANは、両社が共同で開発・運営するブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』の登録ユーザー数が50万人を突破したと発表しました。

『戦国IXA』は、同社としては初めて戦国時代を舞台にしたブラウザゲーム。プレイヤーは大名家に仕える一人の武将となり、群雄割拠の時代を体験することになります。インストールが不要で、「Yahoo! JAPAN ID」さえあればプレイできます。

本作は、「Yahoo! JAPAN」に同作が提供されたことで、従来のオンラインゲームでは訴求の難しかった30〜40代のプレイヤーを獲得することができたといいます。

なお『戦国IXA』では、3月15日〜4月8日までゲーム内に募金専用アイテム「募金くじ」を設置し、東日本大震災の被災地・被災者への義援金を募っていました。その結果、募金総額が1728万600円とのことを明らかにしています。

昨年8月のサービス開始以来、着実にユーザー数を増やしてきたようですね。

『戦国IXA』はm基本プレイ無料で、Yahoo!ウォレット、Yahoo!ポイント、ウェブマネーなどに対応しています。

(C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《土井大輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら