不正ツールを使用したPS3はソニーが機能を停止させることも可能−海外サイト報道 | GameBusiness.jp

不正ツールを使用したPS3はソニーが機能を停止させることも可能−海外サイト報道

その他 その他

海外のハッカーがHomebrewを有効にするカスタムファームウェアを一般公開したことで、セキュリティー侵害や海賊版の問題に直面しているPS3ですが、ソニーは問題のあるプログラムを使用した本体を簡単に認識することができるようです。

Eurogamerの技術系ブログDigitalFoundryの記事によると、PS3は本体を起動させる度に、例えPlayStation Networkにサインインしなくても、最近起動したプログラムのリストやエラーログを送信するなどしてソニーのサーバーとコミュニケーションを行っているとのこと。

これにより、ソニーは“バックアップマネージャー”をはじめとするユーザーが使用した無許可のプログラムを認識することが可能で、もし望めば本体の機能を停止させることもできるのだとか。もしこの処置が取られた場合、PS3はオンライン・オフラインに関わらず完全に使用不可の状態となるそうです。

しかし、実際にはそうした強行的手段はまだ取られておらず、先日も伝えられていたように、ソニーは新たなファームウェアのセキュリティーアップデートによって問題を解決したいと考えているとのこと。但し、今後更に状況がエスカレートした場合、予告なしの一斉Banが実施される可能性もあるとしています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら