NHKスペシャル「世界ゲーム革命」が12日に放送、事前公式Twitter対談あり | GameBusiness.jp

NHKスペシャル「世界ゲーム革命」が12日に放送、事前公式Twitter対談あり

その他 その他

NHKスペシャルで「世界ゲーム革命」という番組が放送されます。

放送日:12月12日(日) 午後9時15分-10時04分

NHKスペシャルで、ゲーム産業について扱われるのは、1996年1月の「新・電子立国 第4回 ビデオゲーム 巨富の攻防」以来であろうと思われます。

また、特に、この番組が注目に値するのが、「ゲーム産業」ではなく、「ゲーム開発」に焦点を当てて番組が構成されている点です。

北米地域でのゲーム開発の事情、レベルファイブの『二ノ国』のメイキングなど、日本と海外との様子を対比させながら、世界のゲーム開発の最前線を紹介する内容になっているようです。ゲーム業界関係者のみならず、ゲームに関心のある方にとっては広く、要チェックな内容になっていると思われます。

また、放送日にTwitter上で、対談が行われるとアナウンスが行われました。

■世界ゲーム革命 NHKスペシャル今週日曜日12日よる9:15放送!
世界のゲーム市場で今何が起きているのか。最先端をドキュメント。放送を前に、10日(金)17時〜19時、ツイッター上でゲームクリエター水口哲也さん( @Mizuguchitter )とNスペアカ(番組D)とが対談。

■概要
世界のゲーム人口が拡大する中、ゲーム開発は巨大産業に変ぼうをとげつつある。世界最大のゲーム市場アメリカでは、ハリウッドの大物監督が参加した大作が続々と誕生し、ついに映画の興行収入を超えた。さらに、巨大資本と先端テクノロジーを武器に「ゲームのおもしろさ」を徹底的に分析し、それを国別にカスタマイズすることで、世界市場でのシェアを急速に拡大している。

世界市場で劣勢に立たされつつある日本の切り札が、お家芸「アニメ」と「ゲーム」の融合だ。日本が誇る「スタジオジブリ」が初めてアニメーションを提供したゲームで新たな感動を作り出し、反撃に打って出る。経済産業省も「クールジャパン室」を新設し、アニメやゲームなどの日本のポップカルチャーを、自動車や家電に続く新たな輸出産業の柱にすえた。

激しい開発競争が続く中、人間の身体そのものをインターフェースとする新たなゲーム機が発表されるなど、「仮想世界と現実が融合し、人の感性が拡張する」SFのような世界がゲームの中に生まれようとしている。「よりおもしろく、より気持ち良く、よりリアルに」。先端科学や軍事技術までも応用し、急速に進化をとげるゲーム開発の最前線とその未来を見つめる。
《IGDA日本》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら