『APB: All Points Bulletin』はGamersFirstが無料モデルで再開へ・・・Realtime Worldsから取得 | GameBusiness.jp

『APB: All Points Bulletin』はGamersFirstが無料モデルで再開へ・・・Realtime Worldsから取得

その他 その他

本日GamersFirstとその子会社に当たるReloaded Productionsは、先日開発会社の閉鎖でサービスが終了していたMMOシューター『APB: All Points Bulletin』の知的所有権を、全て獲得したと発表しました。

GamersFirstの発表したプレスリリースによると、『APB』の開発は米国のスタジオReloaded Productionsが引き継ぎ、タイトルを『APB: Reloaded』に改名。同社の基本プレイ無料ビジネスモデルFree2Playブランドの一つとして、2011年前半にサービスを再ローンチする計画。

当初、英国のRealtime Worldsが開発・運営を行っていた『APB』は、スタジオの経営難によってスタッフのリストラが相次ぎ、利用者も減少してしまったことから今年9月にサービスを終了していました。

『APB』所有権の売却額は240万ドルとも噂されているようですが、詳細は明らかになっていません。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら