コーエーのゲームがあれば教科書はいらない!『真・三國無双6』発表会レポート(後編) | GameBusiness.jp

コーエーのゲームがあれば教科書はいらない!『真・三國無双6』発表会レポート(後編)

その他 その他

コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
  • コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
  • コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
  • コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
  • コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
  • コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
  • コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
  • コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
  • コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。
コーエーテクモゲームスは10月26日、東京・赤坂ブリッツにおいてプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』の発表会を開催しました。

発表会後半は、あの人気声優陣が登場します。

左・小野坂昌也氏 右・置鮎龍太郎氏


「吉本無双」の面々が引き上げていくと、続いて『真・三國無双』シリーズで趙雲や孔明の声を担当してきた声優・小野坂昌也氏が登場。「なんだかんだいって1年に1度は『無双』の収録をしてきた」とこの10年を振り返り、最新作で「晋」勢力の追加されることに「そこまでやるの?とびっくりした」と語りました。

置鮎龍太郎氏、岸尾だいすけ氏野中藍さん


さらに司馬師の声を担当する置鮎龍太郎氏、司馬昭の声を担当する岸尾だいすけ氏、鮑三娘の声を担当する野中藍さんが登場すると、往年のPC・MSXの時代からコーエーのシミュレーションゲーム『三國志』に触れてきたという小野坂氏が彼らに『三国志』の魅力を伝授します。小野坂氏によると「『真・三國無双』シリーズでは、敵を吹き飛ばすときに本気を出して演技しなければならない」とのことです。

新しいキャラクターについては、置鮎氏が「演じる司馬師が美しい青年で嬉しい」とコメント。岸尾氏は「司馬昭はいつも力を抜いているキャラクターだが、少しずつ目覚めていく・・・かも?」とストーリーの一端に触れ、野中さんは「開発の皆さんと相談し、演技の面ではいろいろと遊んでみました」と話していました。



こうして、内容盛りだくさんの発表会は終了しました。

気になる発売日は2011年3月、発売まであと約半年。発売が今から待ち遠しいですね。

『真・三國無双6』は、2011年3月発売予定で価格は7,560円(税込)です。

(C)TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
《土井大輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら