「5人に1人がソーシャルゲームを遊ぶ。既存のゲーム界にも影響」 ― 海外の調査結果 | GameBusiness.jp

「5人に1人がソーシャルゲームを遊ぶ。既存のゲーム界にも影響」 ― 海外の調査結果

その他 その他

巨大なソーシャルゲーム市場はゲーム界に影響を与えずにはおかないようです。

米国の調査会社NPDグループは、米国民の20%に相当する約5680万人がソーシャルゲームを遊んでいるとする調査結果を発表しました。

約5680万人のうち35%(約1988万人)はこれまでにゲームを遊んだことがなかった人々であるとのことですから、ソーシャルゲームがいかにゲーム人口を広げたかが分かります。

同社のアナリストであるAnita Frazier氏は「既存ゲーマーの多くがソーシャルゲームに引き込まれたことは明かで、彼らが他のタイプのゲームで使うお金と時間の両方に影響を与える」とコメントしています。

ソーシャルゲームプレイヤーの男女比はほぼ均等で、男性47%に対し女性が53%。10%が有料アイテムを買ったことがあり、11%が今後有料アイテムを買うだろうと考えているとのことです。

約5680万人の10%といえば約568万人。これだけでも大きな数字ですが、11%にあたる約625万人が増える見込みとなれば、各社がソーシャルゲームを有望視するのもうなずけるというものです。
《水口真》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら