Wiiバージョンアップ、ver.4.3Jに ― 利用規約改定、改造コード対策? | GameBusiness.jp

Wiiバージョンアップ、ver.4.3Jに ― 利用規約改定、改造コード対策?

その他 その他

任天堂は、Wiiのファームウェアをver.4.3Jにバージョンアップしました。
  • 任天堂は、Wiiのファームウェアをver.4.3Jにバージョンアップしました。
任天堂は、Wiiのファームウェアをver.4.3Jにバージョンアップしました。

主な変更点は、Wiiネットワークサービスの利用規約が改定されたことです。

他にはWiiを快適に楽しめるよう品質が改善されました。具体的には触れていませんが、定期的にバージョンをアップすることで改ざんされたセーブデータやチャンネルなどを自動的に削除します。

利用規約第12条「複製・改変・リバースエンジニアリング等の禁止」の項目を見ると、「任天堂はソフトウェアやデータのセキュリティ機能等を向上する為に、任天堂の許諾を受けていないWii周辺機器やネットコンテンツの使用を防止するため、Wii本体や周辺機器のシステムの更新を行うことが出来ます」という内容記載されています。

いわゆる改造コードを使用することが出来る製品が6月9日発売されていることから、任天堂が対策を打ったという所でしょう。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら