バンダイナムコ、小学校向け教科書を共同で制作・・・朝刊チェック(5/25) | GameBusiness.jp

バンダイナムコ、小学校向け教科書を共同で制作・・・朝刊チェック(5/25)

その他 その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「広辞苑記念日」です。1955年の今日、多くの人が頼りにしている岩波書店発行の「広辞苑」の初版が発売。7年の編集作業を経て完成された初版には20万語が収められており、定価は2000円でした。その後45年間も発行され続けている大ロングセラー本。

日経産業新聞4面「ゲーム感覚の教科書、バンダイナムコが小学校向けに」
バンダイナムコゲームスは、学校図書と共同でゲーム感覚を取り入れた小学校向け教科書を制作しました。国語、算数、理科の3教科が対象で、冒険しながら問題をクリアしていくなど、ゲーム的な要素を取り入れました。2011年度用の教科書として28種類を販売します。

日経産業新聞4面「音楽配信販売、額・数量ともに減1〜3月、3期ぶり」
日本レコード協会が24日に発表した2010年1月〜3月の音楽配信の販売実績は、販売額が前年度同期比2%減の約220億円にとどまりました。販売数量も同5%減の1億1194億件。金額・数量ともにマイナスだったのは2009年4月〜6月以来3期ぶり。数量は5期連続の減少になりました。内訳をみると、販売額の9弱を占める携帯電話向けが3%減の約190億7400万円、数量は6%減の1億4000万件。パソコン向けは堅調で金額が9%増の26億5700万円、数量が4%増の1183万件になりました。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら