スーパーでゲーム機のリサイクル−再資源化に新たな試み | GameBusiness.jp

スーパーでゲーム機のリサイクル−再資源化に新たな試み

その他 その他

スーパーマーケットがリサイクルの窓口となるユニークなプログラムです。
  • スーパーマーケットがリサイクルの窓口となるユニークなプログラムです。
スーパーマーケットがリサイクルの窓口となるユニークなプログラムです。

米国のスーパーマーケットHarris Teeterは、電子機器リサイクルプログラム「MyBoneYard」をスタートしました。

店舗にゲーム機やデジカメ、mp3プレイヤーなどの電子機器を持っていくと価値に応じたギフトカードを貰えるというもの。代金を自分で貰うのではなく、公立学校に資金援助する「Together in Education」プログラムに募金することもできます。

電源ケーブルやコントローラーの有無で買い取り価格は大きく変化します。一式揃ったWiiなら79ドル(約7400円)、初代ニンテンドーDSなら17ドル(約1600円)、20GBモデルのプレイステーション3なら79ドル(約7400円)、同じく20GBモデルのXbox360なら41ドル(約3900円)。付属品が全くなく、電源を入れても動作しないWiiは1ドル(約94円)となってしまいますので、状態のいいものを用意すると良いようです。

ゲーム機など電子機器には金・銀など様々なレアメタル(稀少金属)が使われており、そのリサイクルには大きな期待が寄せられています。毎日通うスーパーマーケットで気軽にゲーム機を回収してもらえることに意味がある訳で、再資源化が更に進むといいですね。
《水口真》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら