『Subnautica サブノーティカ』の開発元が『PUBG』のKRAFTON傘下へ―未発表作が2022年早期アクセス開始予定 | GameBusiness.jp

『Subnautica サブノーティカ』の開発元が『PUBG』のKRAFTON傘下へ―未発表作が2022年早期アクセス開始予定

『Subnautica』シリーズのアップデートは今後も継続。

企業動向 発表
『Subnautica サブノーティカ』の開発元が『PUBG』のKRAFTON傘下へ―未発表作が2022年早期アクセス開始予定
  • 『Subnautica サブノーティカ』の開発元が『PUBG』のKRAFTON傘下へ―未発表作が2022年早期アクセス開始予定
  • 『Subnautica サブノーティカ』の開発元が『PUBG』のKRAFTON傘下へ―未発表作が2022年早期アクセス開始予定

オンラインバトルロイヤルゲーム『PUBG: BATTLEGROUNDS』を手掛けるアメリカのインディーデベロッパーKRAFTONは10月29日、海洋サバイバルアドベンチャー『Subnautica』シリーズを開発したアメリカのUnknown Worlds Entertainmentを買収したことを発表しました。

Unknown Worlds Entertainmentは、KRAFTON傘下のPUBG Studios、Striking Distance Studios、Bluehole Studio、RisingWings、Dreamotionらに加わり、6番目の開発スタジオとなります。

Subnautica: Below Zero

KRAFTONの完全子会社となった後も、独立した運営や製作体制は維持されるとのこと。今後も『Subnautica』と『Subnautica: Below Zero』のアップデートは継続されるほか、現在は新たなジャンルとなる未発表の新作ゲームを開発中。早期アクセス開始を2022年に予定しているとのことです。なお、親会社KRAFTONもまた、『Dead Space』の開発者を迎えて開発中の、2320年が舞台設定のサバイバルホラー新作『The Callisto Protocol』を2022年に発売予定です。

《technocchi@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら