「言葉による暴力」への対応措置―『リーグ・オブ・レジェンド』ゲーム中の全体チャット無効化へ | GameBusiness.jp

「言葉による暴力」への対応措置―『リーグ・オブ・レジェンド』ゲーム中の全体チャット無効化へ

チームチャットは今後も使用可能です。

文化 eSports
「言葉による暴力」への対応措置―『リーグ・オブ・レジェンド』ゲーム中の全体チャット無効化へ
  • 「言葉による暴力」への対応措置―『リーグ・オブ・レジェンド』ゲーム中の全体チャット無効化へ

ライアットゲームズは、基本プレイ無料MOBA『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』の最新パッチ11.21にて、マッチメイキングキューの全体チャットが無効化することを発表しました。

これは、同社が取り組んできたプレイヤー行動システムの改善作業に関連してのもの。多くのユーザーから「今年は言葉による攻撃が大きな問題になっている」という意見が寄せられており、この問題に対処するための措置としています。なお、無効化されるのはゲーム中の全体チャットのみで、エモートや対戦終了時のチャットなどは両チームに表示されます。

チームチャットでも「言葉による暴力」が発生しており、全体チャット無効化だけですべての暴言を排除できる問題ではないと認識。しかし、チーム内で連携を取るための重要なツールであるため、その存在価値を考慮した上でチームチャットは今後も使用可能であるとしています。

同社では全体チャット無効化の措置に関して、相手を褒めたりできないユーザーの不満に繋がることを理解しているとコメント。しかし、全体チャットを通じて拡がりつつあるネガティブな行為を抑制するために「価値のあるトレードオフ」であるとしています。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら