Activision Blizzardは過去3年間でアクティブユーザーの約29%を失っている―ただし苦戦しているとは限らない | GameBusiness.jp

Activision Blizzardは過去3年間でアクティブユーザーの約29%を失っている―ただし苦戦しているとは限らない

Activision Blizzardの決算報告書にて確認できる資料から、全体のタイトルで約29%のプレイヤーが減少していると海外メディアMassivelyOPが指摘しました。

市場 市場動向
Activision Blizzardは過去3年間でアクティブユーザーの約29%を失っている―ただし苦戦しているとは限らない
  • Activision Blizzardは過去3年間でアクティブユーザーの約29%を失っている―ただし苦戦しているとは限らない
  • Activision Blizzardは過去3年間でアクティブユーザーの約29%を失っている―ただし苦戦しているとは限らない

Activision Blizzardの決算報告書にて確認できる資料から、同社が過去3年間で約29%のプレイヤーを失っていると海外メディアMassivelyOPが指摘しました。


同メディアによると、前期(2020年第4四半期)には2,900万人のアクティブユーザーが報告されていたものの、今期(2021年第1四半期)2,700万人となっており、約200万人以上失っています。さらに、過去3年間で約1,100万人、29%ものアクティブユーザーを失っていると指摘しました。


とはいえ、必ずしも同社が苦戦しているとは限りません。海外メディアPC Gamerによると『World of Warcraft』の「Shadowlands」や『ハースストーン』の「荒ぶる大地の強者たち」といった人気タイトルの拡張版のリリースや、『オーバーウォッチ』の1,000万人の新規プレイヤー獲得などが影響し、前年同期比で7%収益が増加しています。


同社は『オーバーウォッチ2』『ディアブロ IV』といった人気シリーズの新作の発売を控えているほか、『コール オブ デューティ』『World of Warcraft』『キャンディークラッシュ』を収益の柱としているようです。


Activision Blizzardについては、先日e-Sports部門のレイオフ『オーバーウォッチ』のディレクターのジェフ・カプラン氏の退職などが伝えられていました。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら