新型コロナ後遺症の認知障害にゲームが効果あり?米研究チームがデジタル治療による臨床試験を発表 | GameBusiness.jp

新型コロナ後遺症の認知障害にゲームが効果あり?米研究チームがデジタル治療による臨床試験を発表

使用される『EndeavorRx』は2020年にデジタル治療効果を認可されています。

文化 その他
新型コロナ後遺症の認知障害にゲームが効果あり?米研究チームがデジタル治療による臨床試験を発表
  • 新型コロナ後遺症の認知障害にゲームが効果あり?米研究チームがデジタル治療による臨床試験を発表
  • 新型コロナ後遺症の認知障害にゲームが効果あり?米研究チームがデジタル治療による臨床試験を発表

2020年に世界初の「処方箋付き」で提供されるゲームとしてFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されたEndeavorRx』。Weill Cornell Medicineは、本作が新型コロナウイルス後遺症の認知障害に治療効果があるのではないかとして、臨床試験を行うことを発表しました


臨床試験を行うのは、神経心理学者のFaith Gunning氏を中心とした研究チーム。新型コロナウイルスに感染した患者が認知機能(記憶力や集中力など)低下を引き起こし、回復後も後遺症が残るケースがあることが報告されており、臨床試験では同症状に対する『EndeavorRx』によるデジタル治療の有効性調査を目的としているようです。


海外メディアThe VergeによるGunning氏へのインタビューによると、感染したすべての人々が認知機能低下に苦しんでいるわけではないものの、多くの人々が問題を抱えていると報告。同氏は(新型コロナウイルス以外の)認知機能低下に関するビデオゲームの効果について以前から研究しており、いくつかの改善を示すケースを得ているとしています。


臨床試験は18歳から89歳までの、新型コロナウイルス感染後に症状が見られる男女が対象となります。試験の開始日などの詳細は公開されていません。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら