「メガネスーパー」がe-Sportsを後押し! 忍ismとVHリテールサービスがスポンサー契約を締結 | GameBusiness.jp

「メガネスーパー」がe-Sportsを後押し! 忍ismとVHリテールサービスがスポンサー契約を締結

若年層へのアイケア啓発や、eスポーツの発展・普及を目指した取り組みなどが行われます。

文化 eSports
「メガネスーパー」がe-Sportsを後押し! 忍ismとVHリテールサービスがスポンサー契約を締結
  • 「メガネスーパー」がe-Sportsを後押し! 忍ismとVHリテールサービスがスポンサー契約を締結
  • 「メガネスーパー」がe-Sportsを後押し! 忍ismとVHリテールサービスがスポンサー契約を締結
  • 「メガネスーパー」がe-Sportsを後押し! 忍ismとVHリテールサービスがスポンサー契約を締結

プロe-Sportsチーム「忍ism Gaming」を運営している忍ismは、「メガネスーパー」を全国展開しているVHリテールサービスとのスポンサー契約締結を発表しました。

格闘ゲームの世界大会「EVO」や「Capcom Cup」で優勝した経験を持つ「ももち」選手と、日本人では初となる女性プロの「チョコブランカ」選手が立ち上げた忍ismは、日本におけるゲームコミュニティーの維持・拡大のため、チーム運営をはじめ、ゲーム大会やイベントの企画運営などの事業展開を行ってきました。

一方、VHリテールサービスは、「メガネスーパー」の展開を軸に、累計1,000万人を超える利用実績に基づいた経験と知識から、眼の健康に関わる様々な解決策に取り組んでいます。

e-Sportsは、反射神経や瞬時の判断力、積み重ねた練習量など、数多くの努力と実力が問われる世界ですが、眼を使う時間が非常に長い点も特徴的。世界を相手に戦う「忍ism Gaming」のプロe-Sports選手たちにとっても、アイケアは重要なポイントとなります。

こうしたアイケアを通して「若年層にアイケアを啓発し、更には次世代のグローバルで支持される競技であるe-Sportsの発展・普及に貢献していきたい」との考えが、VHリテールサービスと忍ismで一致し、今回の締結に至った模様です。

今後、ゲームの使用環境に特化した専用の検査や、ゲーム環境におけるアイケア商品・サービスの構築、若年層へのアイケア啓発活動、スポーツ普及に向けた取り組みなどを行うとしています。

【ユニフォームでのロゴ展開案】

《臥待 弦@インサイド》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら