VR機器「Oculus Quest 2」接顔パーツで皮膚炎発生のおそれ―消費者庁がリコール情報を掲載 | GameBusiness.jp

VR機器「Oculus Quest 2」接顔パーツで皮膚炎発生のおそれ―消費者庁がリコール情報を掲載

使用者のごく少数に軽微な皮膚炎が発生する報告があったようです。

その他 事件
VR機器「Oculus Quest 2」接顔パーツで皮膚炎発生のおそれ―消費者庁がリコール情報を掲載
  • VR機器「Oculus Quest 2」接顔パーツで皮膚炎発生のおそれ―消費者庁がリコール情報を掲載
  • VR機器「Oculus Quest 2」接顔パーツで皮膚炎発生のおそれ―消費者庁がリコール情報を掲載

消費者庁のリコール情報サイトには、Facebook TechnologiesのVR機器「Oculus Quest 2」のパーツ交換に関する案内を掲載しています。


対象となるのは、2020年10月13日から出荷されている同製品の接顔パーツ(型番:SKU JP 64GB/SKU JP 256GB)および交換用接顔パーツ(SKU Fit Kit Retail)で、対象台数は約81,600台。リコール実施の理由は、ヘッドセット使用者のうちごく少数の割合で、パーツと皮膚の接触面に軽微な皮膚炎が発生するためとしています。報告のほとんどは軽微な皮膚炎で自然に症状が消えるものですが、事業者の指定する基準を満たすものではなかったために今回の措置を決定したようです。


「Oculus Quest 2」を使用した際の皮膚炎発生については、2020年12月22日の製品公式ブログにて全体利用者の約0.01%の割合で発生していると発表されていました。現在は専門家などと協力し、原因や症状に関するさらなる調査を進めるとしています。


本製品の問い合わせについては、公式サイトのフォーラムで受け付けています。電話窓口は設けられていません。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら