THQ Nordic親会社Embracer Groupが『Shadow Warrior』『Pinball FX』など開発の13スタジオを買収 | GameBusiness.jp

THQ Nordic親会社Embracer Groupが『Shadow Warrior』『Pinball FX』など開発の13スタジオを買収

買収スタジオはTHQ Nordicなどの傘下スタジオとして独立した業務を続けます。

企業動向 戦略
THQ Nordic親会社Embracer Groupが『Shadow Warrior』『Pinball FX』など開発の13スタジオを買収【UPDATE】
  • THQ Nordic親会社Embracer Groupが『Shadow Warrior』『Pinball FX』など開発の13スタジオを買収【UPDATE】
  • THQ Nordic親会社Embracer Groupが『Shadow Warrior』『Pinball FX』など開発の13スタジオを買収【UPDATE】
  • THQ Nordic親会社Embracer Groupが『Shadow Warrior』『Pinball FX』など開発の13スタジオを買収【UPDATE】


THQ Nordicの親会社であるEmbracer Groupは、2020年11月18日に『Shadow Warrior』シリーズ開発のFlying Wild Hogなどを含む13スタジオを買収したことを公式サイトで発表しました。


買収はグループが主導となっている事案のほか、同社の完全子会社THQ NordicKoch Mediaを通じて行われており、『Pinball FX』シリーズのZen Studios、『SpongeBob SquarePants: Battle for Bikini Bottom - Rehydrated』のPurple Lamp Studioなどゲーム開発を行う11社のほか、ゲームコンテンツのPR業務を行うSandbox Strategiesなど非開発会社2社が対象。買収後は子会社の傘下スタジオとして、それぞれ独立した業務を行います。


Embracer Group買収スタジオ




  • 34BigThings

  • A Thinking Ape Entertainment

  • Coffee Stain North

  • Flying Wild Hog

  • IUGO Mobile Entertainment

  • Mad Head Games

  • Nimble Giant Entertainment

  • Purple Lamp Studios

  • Quantic Lab

  • Sandbox Strategies

  • Silent Games

  • Snapshot Games

  • Zen Studios


同社の発表によると今回の買収により45か国以上で58の社内スタジオ、5,700人を超える社員を抱える企業になったことを報告。今後数年間で多くのゲーム開発プロジェクトが完成することでグループ収益が大きく成長するとしています。


UPDATE(2020/11/19 0:00):本文の脱字を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

THQ Nordic親会社Embracer Groupが『Shadow Warrior』『Pinball FX』など開発の13スタジオを買収【UPDATE】

《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら