『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態 | GameBusiness.jp

『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態

広く国内メディアで宣伝された『あつ森』のNGO運営島は「非公式」だった……?取材を進めるにつれて明らかになった双方の食い違いとは。

文化 その他
『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態【UPDATE】
  • 『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態【UPDATE】
  • 『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態【UPDATE】
  • 『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態【UPDATE】
  • 『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態【UPDATE】
  • 『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態【UPDATE】
先日Game*Sparkでもお伝えした、国際環境NGO「コンサベーション・インターナショナル・ジャパン」(以下、CIジャパン)が運営するとされた、『あつまれ どうぶつの森』を利用しての、生物多様性をテーマとした地球環境問題啓蒙コンテンツ「トレジャーアイランド」。一見シリアスなゲームの使い方として望ましく見えた同コンテンツですが、その制作・運営は大きな問題のもとになされていた模様です。

『あつまれ どうぶつの森』で環境問題を学べるコンテンツと思えたが……


事の発端は、2020年10月9日に当のCIジャパンが、「ニュースリリースは当団体のものではない」、簡単にいえば第三者による騙り、“嘘”であると告知したことに始まります。


通常メディアで記事化する“ニュースリリース”は、事業者(ゲームメディアでいえばパブリッシャーやデベロッパー)が直接発信するもの、あるいは広報業務を請け負った代理店(あるいは個人)から発信されるものの2種類に大別されます。今回のケースではかねてからやりとりのあるPR代理店から事前に送付されていたリリースを元に編集部で記事に起こして掲載しました。加えて、当該のコンテンツの完成度は高く、決して“いたずら”で片手間に作成が行える内容ではないということで、編集部側でもなんら疑いなくコンサベーション・インターナショナル・ジャパンを主語として記事を掲載しています。

事前に編集部に送付されていたプレスリリースより抜粋。
本企画がCIジャパンが主導となっている旨の記載が確認できる

この不可解極まりない事態を受け、Game*Spark編集部では、即座にCIジャパンおよびトレジャーアイランドPR事務局の両者にコンタクトを取りました。

双方の主張が真っ向から対立


取材に対し、本企画のPR・広報業務を請け負うPR代理店(トレジャーアイランドPR事務局)は「CIジャパン側の人間と複数回の協議を重ね、島の仕様や関連する情報発信など事前に承認を得ている」としプロジェクト自体「NGOの選定パートナー」によって行われたものであり、企画合意から実施合意、そして3ヵ月以上にわたる制作物の確認、またリリース時における協力クレジット合意などを実際に行ったと主張。また関連グッズの制作においては任天堂の監修も受けているとしています。

一方、CIジャパン側は「当団体とは全く関係がない、団体名とロゴは無断使用である」と取材に対し再度主張。正確には「以前「トレジャーアイランドプロジェクトチーム」なる団体から2度ほどの企画提案はあったものの、本部の承認が必要で、責任が取れないとして断った」として、このようなやり方を強行した団体に憤りを感じているとしました。また、リリースの発信についても事前に連絡はなく、PR代理店とも面識はない、と該当コンテンツに係る一切の関与を否定しました。

編集部としては当初、CIジャパンが本プロジェクトの主体となっているとしたリリースをそのまま記事化しており、内容に誤りがあれば、直ちに修正すべきと考えて両者に確認をしましたが、双方の主張は真っ向から対立。協議が続けられるということで、どちらが正しいのかその決着を待って記事の訂正をしたいと双方に伝えていました。

突如の運営移管とCIジャパンを外した新チームの発足


ところが今週に入って事態は急転します。10月13日深夜に元々公開されていた「公式サイト(https://treasure-island.jp/)から全コンテンツが消え、お知らせとして下記のメッセージのみが掲載されました。


一連の問題が何を指すのか、また何を協議しているのか、一般のユーザーからはなかなか把握しづらい内容となっており、このアナウンス内で運営主体も移管されたことが明らかになりました。そして、時を同じくして、同プロジェクトからCIジャパンを抜いた「新サイト(https://treasure-otakara.com/)が登場します。

この動きに対して、PR代理店は「CIジャパンとの話し合いを経て新たなチーム体制でプロジェクトが進行することになった」と説明する一方、CIジャパン側は「新たにプロジェクトが進行することは聞いていなかった」とここでも双方の主張が真っ向から食い違う事態に。PR代理店によれば、旧運営事務局と新運営事務局は明確に違う組織体であり、CIジャパンとの協議は旧運営事務局が対面にたっているということで、一連の騒動について新運営事務局は関与していないということです。

当初編集部としても、いたずらにことを荒立てるより、決着を待ってから事実を伝え、元記事においても必要な箇所を訂正するべきだと考えていましたが、事態が一向に収束をみせないため現時点で判明している取材内容をお伝えすることにしました。今後も旧運営事務局とCIジャパンとで協議を重ねるということで、取材を続けながら続報をお伝えしていきます。

本プロジェクトの関係図(編集部制作)


※UPDATE(2020/10/18 11:44):CIジャパンより本件について新たな声明が出されました。

『あつまれ どうぶつの森』NGO運営とされた「おたから島」は“非公式”?食い違う双方の説明と混迷する事態【UPDATE】

《編集部@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら