2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道 | GameBusiness.jp

2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道

同氏は1999年にMSIへ入社し、20年以上同社への多大な影響を与えてきました。

文化 その他
2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道
  • 2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道
  • 2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道
右側がCharles Chiang氏

台湾のコンピューター製造会社Micro-Star International(MSI)のCEOであるCharles Chiang氏が、56歳で亡くなったことが分かりました。建物の7階から転落したとされていますが、詳細な状況に関しては明らかになっていません。

同氏は1999年にエンジニアリング担当の補佐としてMSIへ入社。2010年にはデスクトッププラットフォーム部門のゼネラルマネージャーを務め、2019年1月からは同社のCEOに就任していました。

MSIの広報担当者はテクノロジー中心のメディアTom's Hardwareに対して「Chiang氏は20年以上会社のメンバーとして大きく貢献し、同僚からも尊敬されていた。会社の成長に大きく関わったリーダーが亡くなったことはチーム全体に深い悲しみを与えている」との声明を発表しています。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら