ルール違反としてギネスから剥奪されていた『ドンキーコング』『パックマン』世界記録保持者のスコアが再認定 | GameBusiness.jp

ルール違反としてギネスから剥奪されていた『ドンキーコング』『パックマン』世界記録保持者のスコアが再認定

2018年に抹消されていた記録が再調査の結果「失格に十分な証拠がない」として復活しました。

文化 その他
ルール違反としてギネスから剥奪されていた『ドンキーコング』『パックマン』世界記録保持者のスコアが再認定
  • ルール違反としてギネスから剥奪されていた『ドンキーコング』『パックマン』世界記録保持者のスコアが再認定
  • ルール違反としてギネスから剥奪されていた『ドンキーコング』『パックマン』世界記録保持者のスコアが再認定

ギネス世界記録は、2018年に不正があったとして剥奪されていたビリー・ミッチェル氏の『ドンキーコング』『パックマン』の世界記録を復活させると発表しました。

問題となっていたのは、2007年に公開された『ドンキーコング』のハイスコアを目指すゲーマーのドキュメンタリー映画「The King of Kong」の特典映像で使用されている映像。ゲームスコア記録団体Twin Galaxiesはこの映像内に実機では再現できないものがあり、検証の結果エミュレーターを使用した形跡があると指摘。実機を使用するルールに違反したとして同氏の記録を抹消し、ギネスもその決定に従っていました。

同氏は異議申し立てを提出しており、それを受けてギネスは記録についての再調査を開始。既存の証拠とあわせ、新たな目撃者からの証言や技術面での再検証を行った結果「記録を失格するのに十分な証拠を得られていない」として、同氏の保有する以下の記録を改めて認定することを決定しました。

  • 1982年11月7日:AC版『ドンキーコング』ハイスコア87万4,3000点
  • 2005年6月4日:AC版『ドンキーコング』ハイスコア104万7,200点(世界初の100万点突破記録)
  • 2007年7月14日:AC版『ドンキーコング』ハイスコア105万0,200点
  • 2010年7月31日:AC版『ドンキーコング』ハイスコア106万2,800点
  • 1999年7月3日:AC版『パックマン』ハイスコア333万3,360点(世界初の理論上最高点「パーフェクトスコア」に到達)

また、今回の記録復帰により同氏が1982年に達成した、“海外アーケード版『ドンキーコング』で発生する22周回目でゲームが進行不可能になる「キルスクリーン」に到達した世界で最初のプレイヤー”の記録も再認定されています。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら