『GUILTY GEAR -STRIVE-』が2021年春へ発売延期―開発遅延やクオリティアップの必要性から | GameBusiness.jp

『GUILTY GEAR -STRIVE-』が2021年春へ発売延期―開発遅延やクオリティアップの必要性から

2020年内に発売予定でしたが、来年へ延期となります。

企業動向 発表
『GUILTY GEAR -STRIVE-』が2021年春へ発売延期―開発遅延やクオリティアップの必要性から
  • 『GUILTY GEAR -STRIVE-』が2021年春へ発売延期―開発遅延やクオリティアップの必要性から
  • 『GUILTY GEAR -STRIVE-』が2021年春へ発売延期―開発遅延やクオリティアップの必要性から

アークシステムワークスは、2020年内の発売を予定していたPS4用対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』に関して、発売時期を2021年春に延期すると発表しました。

今回の発売延期は、新型コロナウイルスの影響による全体的な開発スケジュールの遅延や、クローズドβテストのフィードバックを受けて、より一層のクオリティアップを図る必要があるとの判断から決定したとのことです。

山中丈嗣プロデューサーからのメッセージも公開され、「我々自身はもちろん、ファンの皆様にご納得頂ける新生『GUILTY GEAR』をお届けするべく、スタッフ一同、開発にあたっています。今しばらくお時間を頂ければと思います」と述べています。



『GUILTY GEAR -STRIVE-』は2021年春より発売予定。価格は未定です。

(C) ARC SYSTEM WORKS
《茶っプリン@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら