Microsoftが次世代機含め2020年における「Xbox」の展望を語る【UPDATE】 | GameBusiness.jp

Microsoftが次世代機含め2020年における「Xbox」の展望を語る【UPDATE】

毎月情報を公開するプログラム「Xbox 20/20」も発表。

企業動向 戦略
Microsoftが次世代機含め2020年における「Xbox」の展望を語る【UPDATE】
  • Microsoftが次世代機含め2020年における「Xbox」の展望を語る【UPDATE】
  • Microsoftが次世代機含め2020年における「Xbox」の展望を語る【UPDATE】

Microsoftは次世代機「Xbox Series X」を含め、2020年に「Xbox」がどの様に展開していくかを明らかにしました。


  • 目標はXbox Series Xと『Halo Infinite』をホリデーシーズンにローンチすること。

  • 15あるXbox Game StudiosチームのすべてがXbox Series X向けの次世代ゲームとXbox Game Pass向けのゲームに取り組んでいる。

  • 世界中の最高の開発チームがホリデーシーズンにXbox Series Xでゲームをプレイできるよう懸命に取り組んでいる。

  • PCプレイヤーについては、ローンチ時にすべてのメジャーリリースをXbox Game Pass for PCで利用できるようコミュニティをサポートする予定。『Halo Infinite』、『Wasteland 3』、『Minecraft Dungeons』、『Microsoft Flight Simulator』が含まれる。

  • Xbox Game Pass向けの新たなアップデートとタイトルラインナップ。

  • Project xCloudを新たな国やデバイスに拡大。年内にはXbox Game Passと一緒になり、より多くの方法でフレンドとゲームをプレイできるようになる。


今年はXboxにとって重要な年であり、次世代機がすべてのゲームとサービスをより良い形で統合する道を切り開くとしています。また、Xboxの最新情報を伝える毎月のプログラム「Xbox 20/20」も発表。先日伝えられた現地時間5月7日のInside Xboxからスタートし、今年の終わりまで様々な情報を公開予定です。


5月の「Xbox 20/20」アップデートでは、『アサシン クリード ヴァルハラ』を含め、世界中の様々なパブリッシングパートナーやインディーデベロッパーから次世代のゲームプレイやトレイラー、スニークピークの紹介にフォーカス。Smart Deliveryに対応するゲームも明らかにされます。

7月にはXbox Game Studiosからの素晴らしいゲームにフォーカスし、新たなゲームプレイの初公開やXbox Series Xに最適化されたチームからの洞察、新たなゲームの発表などが予定されているとのことです。

※UPDATE (2020/05/12 01:00): 文中の誤記を修正しました。ご指摘ありがとうございました。
5月20日の「Xbox 20/20」 → 5月の「Xbox 20/20」
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら