ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表 | GameBusiness.jp

ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表

寄付する組織の詳細などが今後明らかにされていくようです。

文化 寄付
ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表
  • ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表
  • ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表

ロックスター・ゲームスは、サービス展開中の『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』での売上の5%を新型コロナウイルス対策の救援活動に寄付することを発表しています。

これは4月1日から5月末までの期間中に両作の購入で得た利益の5%を、新型コロナウイルス対策の組織へ寄付して救援活動に役立ててもらおうというものです。発表では今が困難な時期であり、厳しくなることが予測される今後のためにも、自分たちができることで協力するとコメント。また、「ロックスターコミュニティーが我々のすべての中心である」とし、ユーザーとその家族への健康を願うコメントも添えられています。

同社は以前、現在の状況により自宅での時間が増えている人々に向けて両作のイベントやアクティビティなどを増やす意向を示しており、これまでに経験値や報酬の増加やゲーム内アイテムの割引など、さまざまなイベントが行われています。

なお、寄付する組織や取り組みの詳細などは、今後明らかにされていくようです。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら