マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力 | GameBusiness.jp

マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力

Marvel EntertainmentとNetEase(網易)は、5月20日の”NetEase Games Annual Product Launch”イベントにて、戦略的パートナーシップを結んだことを発表しました。

企業動向 発表
マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力
  • マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力
  • マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力

Marvel Entertainment(マーベル)とNetEase(網易)は、5月20日の”NetEase Games Annual Product Launch”イベントにて、戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。

今回のパートナーシップにより両社は、世界的に愛されているマーベルの物語に基づく、オリジナルのエンターテインメントコンテンツを作成するために協力。ゲーム、テレビシリーズなどが中国および海外向けに開発されることになります。

NetEase創設者兼CEOのWilliam Ding氏は、パートナーシップ締結に興奮しながら「ブランドの理念である”Passion of Gamers”に則り、ゲーマーとMarvelファンの両方が満足するような、高品質のコンテンツをお届けできるよう尽力します」と述べました。

Marvel EntertainmentのDan Buckley社長は、「オンラインゲームの世界的リーダーであるNetEaseは、世界中にいる多くのファンにマーベルユニバースをお届けするのに、これ以上なく適任です。我々は、このパートナーシップで生み出されていくエキサイティングなゲームやコンテンツについて、皆様にお伝えするのが待ちきれません」

「スパイダーマン」シリーズや「X-メン」シリーズなど、世界的人気を誇るヒーロー達が名を連ねるマーベルと、『荒野行動』や『IdentityV 第五人格』で知られるNetEase。この二社が提携してどのようなコンテンツを生み出していくのか、要注目です。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら