オープンワールドアクションRPG『Horizon Zero Dawn』発売2周年で販売数1,000万本突破! | GameBusiness.jp

オープンワールドアクションRPG『Horizon Zero Dawn』発売2周年で販売数1,000万本突破!

Guerrilla GamesのHermen Hulst氏は、海外PlayStation.Blogを通して『Horizon Zero Dawn』の販売数が1,000万本を突破したことを明らかにしました。

市場 市場動向

Guerrilla GamesのHermen Hulst氏は、海外PlayStation.Blogを通して『Horizon Zero Dawn』の販売数が1,000万本を突破したことを明らかにしました。

Keyvei氏によるコスプレ(撮影Rina_Nerina氏)

『Horizon Zero Dawn』は海外で2017年2月28日に、日本では2017年3月2日にPS4で発売されたオープンワールドアクションRPGです。発売より2周年を迎えた2月28日に、開発元のGuerrilla Gamesでマネージングディレクターを務めるHermen Hulst氏はPlayStation.Blogの中で、同作が1,000万本以上を売り上げたことを発表しました。

Hulst氏はこれについて「我々が、主人公アーロイの旅をこれほどまでに多くのプレイヤーへ届けることができたという事実は驚くべきことです。オンラインで共有された、ファンによる多くの創作物や、アーロイの旅の一場面を写した心温まる便りに、私たちはとても感動しました」とコメント。その他、同作が『Killzone 3』の開発を終えた2010年から試作が始まっていたことや、開発にまつわる裏話が明かされています。

最初に制作されたのは、作中のサンダージョーのプロトタイプ

同社の2013年の作品『Killzone Shadow Fall』のホログラフィックにイースターエッグとして『HZD』のモデルが登場していた

作中の赤ちゃんアーロイの声は、サウンドデザイナーLucas van Tol氏の生後3か月の娘の実際の声

作中のMeridian Cityなど様々な場所で見られる楽器の演奏風景は、同作の作曲家による実際の動きをキャプチャー

Guerrillaで音楽を担当するLucas van Tol氏は、同作の為に750以上の鳥の鳴き声を研究。このうち30が実用されており、作中の時間や天気、バイオームにより変化
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら