Crytek、MMOプラットフォーム「SpatialOS」採用の新作AAAゲームを開発中 | GameBusiness.jp

Crytek、MMOプラットフォーム「SpatialOS」採用の新作AAAゲームを開発中

PvPハンティングシューター『Hunt: Showdown』などで知られるCrytekは、新たなAAAタイトルを製作中であると発表しました。

その他 その他
PvPハンティングシューター『Hunt: Showdown』などで知られるCrytekは、新たなAAAタイトルを開発中であると発表しました。

告知では、先日ユニティと関係を解消してEpic Gamesとの協力を発表していたImprobable社との連携をとっていくと伝えられています。そのため、新たなAAAタイトルはCrytek自社製のゲームエンジン「CryEngine」と、Improbable社のゲーム開発プラットフォーム「SpatialOS」を利用したタイトルになるとのこと。「SpatialOS」はマルチプレイヤーに特化したクラウド開発プラットフォームですが、進行中のプロジェクトの詳細は明かされていません。続報は“間もなく”であるとも語られています。

また、「CryEngine」用の「SpatialOS」ゲーム開発キットも制作されているとも告知。両社の連携が密であることが窺えます。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら