3次元空間制作ツール「STYLY Suite」が国内で初めて「Google Poly」APIに対応 | GameBusiness.jp

3次元空間制作ツール「STYLY Suite」が国内で初めて「Google Poly」APIに対応

ゲーム開発 仮想現実

Psychic VR Labは、3次元空間制作ツール「STYLY Suite」が「Google Poly」の素材を直接アプリケーション内に呼び出すことができる「Google Poly API」に国内で初めて対応したことを発表しました。

「Google Poly」は、Googleが提供する3Dモデルやシーンをダウンロードできる共有サイトです。今回、「STYLY Suite」が「Google Poly」のAPIに対応したことにより、使える素材が数千種類以上増え、VR空間を表現する際の幅が大きく広がるとのこと。



これまでは、同社が用意したプリセットアセットやユーザのアップロードによる3Dモデルの取り込みなどができましたが、共有された3DモデルをVRで活用するには、一度データをダウンロードしてからアプリに組み込む必要がありました。今回の対応により、アプリケーション内から直接、素材の呼び出しが可能になり、シームレスな操作ができるということです。

《さかまきうさろーる》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら