DMM GAMES × XFLAG「ゲームプロデューサーが描く、これから」を語るイベントを開催 | GameBusiness.jp

DMM GAMES × XFLAG「ゲームプロデューサーが描く、これから」を語るイベントを開催

ゲーム開発 その他

DMM GAMES × XFLAG「ゲームプロデューサーが描く、これから」を語るイベントを開催
  • DMM GAMES × XFLAG「ゲームプロデューサーが描く、これから」を語るイベントを開催
  • DMM GAMES × XFLAG「ゲームプロデューサーが描く、これから」を語るイベントを開催
  • DMM GAMES × XFLAG「ゲームプロデューサーが描く、これから」を語るイベントを開催
DMM GAMESとXFLAGは、ゲームプランナー向けイベント「【DMM GAMES×XFLAG】ゲームプロデューサーが描く、これから。」を、2018年2月1日に開催します。

毎回様々なテーマを題材に、登壇者と参加者が共に学び、楽しめるイベント「DMM meetup」が定期的に開催されており、今回は“ゲームプロデューサー”をテーマに掲げ、XFLAGとのコラボレーションという形で行われます。

DMM GAMESエグゼクティブプロデューサーの花澤雄太氏と、ミクシィの取締役でありXFLAG スタジオ モンスト事業本部長も務める多留幸祐氏が登壇し、メディアなどではあまり話さない「ゲームづくりのノウハウ」や、DMM GAMESとXFLAG スタジオの今後の展開についてなどが語られます。

業界に身を置く方のみならず、ゲーム業界に興味のある人やDMM GAMES・XFLAGが気になる方も参加対象者となっているので、気になる方はまず詳細をチェックしてみましょう。セッション後には、参加者と登壇者がゲームをテーマに議論できる交流会も予定。この貴重な機会をお見逃しなく。

◆開催テーマ「【DMM GAMES×XFLAG】ゲームプロデューサーが描く、これから。」


■登壇者プロフィール
●登壇者: 花澤 雄太氏
DMM GAMESの花澤部部長であり、エグゼクティブプロデューサー。代表作『刀剣乱舞-ONLINE-』を筆頭に、『Lord of Walkure』『FLOWER KNIGHT GIRL』の立上げ等、プラットフォーム初期を支えた第一人者。現在も注目タイトルを数々手がけるDMMきってのエバンジェリスト。



●登壇者: 多留 幸祐氏
携帯コンテンツ会社、株式会社ライブドア(現 LINE株式会社)等を経て、2014年2月、株式会社ミクシィに入社。モンストスタジオ(現 XFLAGスタジオ)でモンスターストライクの企画・運用に従事。2015年1月、同スタジオの部長に就任。2017年4月より、XFLAGスタジオ モンスト事業本部長として、モンスターストライクに関わる全部門を統括。2017年6月、取締役に就任。



■登壇内容
●2人のこれまでの経歴
●DMM GAMES × XFLAG スタジオのこれまでとこれから
-XFLAG スタジオ、DMM GAMESの今の状況
-新規案件を立ち上げるフローについて
-ゲーム以外への展開について
-海外展開について
●DMM GAMES × XFLAG スタジオのプロデューサーがいま考えていること
-いま力を入れている仕事
-アイデア見極めのポイント
-企画を考えるポイント
などをテーマにお話いたします。

※対談内容は変更になる可能性がございます。

◆開催概要


■日程
2018/02/01(木) 19:30 ~ 21:30(19:00開場)

■会場
東京都港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー 24階 DMMグループセミナールーム

■タイムスケジュール(時間 / 内容)
19:00 / 開場
19:30 / オープニング
19:40-20:30 / 対談【DMM GAMES×XFLAG】ゲームプロデューサーが描く、これから。
20:30-20:50 / 質疑応答
20:50-21:30 / 交流会

■参加資格
・ゲームプロデューサーの方
・ゲーム業界の方
・ゲーム業界に興味のある方
・DMM GAMES・XFLAGが気になる方
・ゲーム業界で今後のキャリアを考えている方

■参加費
無料

■募集人数
100名(抽選制)
※募集人数は変更になる可能性がございます。

■募集期間
2017/12/25~2018/1/26

■イベントページ
https://dmmcj.connpass.com/event/74092/
※募集は上記のイベントページより行えます。

■注意事項
名刺2枚、筆記用具をお持ちください
営業、採用、勧誘活動を目的としたご参加はかたくお断り致します
参加が難しくなった場合は、お早めにキャンセルいただけますようよろしくお願い致します
イベントは、止むを得ず中止させて頂く場合がございます。その場合はメッセージでご連絡させていただきますのでご確認をお願い致します


《臥待 弦》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら