「ユーザーの快適な活動環境構築こそが最優先の課題」―niconicoサービスの見直しを発表 | GameBusiness.jp

「ユーザーの快適な活動環境構築こそが最優先の課題」―niconicoサービスの見直しを発表

ドワンゴは、niconicoの新サービスとなる「niconico(く)」の発表会を11月28日に実施し、niconicoの新たな展開や問題の改善などを明らかとしました。それに対する厳しい意見や反応などを受け、基本機能の見直しを行うと発表しました。

企業動向 発表

ドワンゴは、niconicoの新サービスとなる「niconico(く)」の発表会を11月28日に実施し、niconicoの新たな展開や問題の改善などを告知。ですがその内容は、ユーザーの期待を上回るものでなく、厳しい意見や反応などがSNS上で飛び交いました。

この動きを受け、ドワンゴの代表取締役会長・川上量生氏は、「niconicoサービスの基本機能の見直しと今後に関して」と題した文章をニコニコインフォに掲載。本文内にて、「10月に新バージョンをリリースできず遅延した」「画質・重さに対する今後の具体的な施策を提示できなかった」など、ユーザーに示した約束を守れなかった点を謝罪し、新サービスの提案よりもサービスの根幹となる部分における見直しが先決と判断したと綴ります。

その施策の一歩として、まずは「動画の1080p対応」および「生放送の720p対応」といった基本性能の向上と実行プランを明らかとしました。

■動画の1080p対応
現在最大画質を720pとしておりますが、これを1080pへ引き上げます。近日中にテスト運用を実施し来年1月から本運用を開始します。

■生放送の720p対応
現在最大画質を800×450としておりますが、これを720pへ引き上げます。時期としては来年1月から先ずは枠数を限定して開始します。

この他にも取り組む点があるとしながらも、まずは上記の項目を「早い段階でできる実行プラン」として挙げ、今後も更なる改善を行っていく考えを記しました。詳細については、下記URLにてご確認ください。

■niconicoサービスの基本機能の見直しと今後に関して
URL:http://blog.nicovideo.jp/niconews/53475.html

ドワンゴ代表取締役会長、niconicoサービスの基本機能の見直しを発表─「動画の1080p対応」「生放送の720p対応」など

《臥待 弦@インサイド》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら