ダイソンが電気自動車を開発へ…2020年ローンチ、20億ポンドを投資 | GameBusiness.jp

ダイソンが電気自動車を開発へ…2020年ローンチ、20億ポンドを投資

企業動向 発表

ジェームズ・ダイソン氏(資料画像) (c) Getty Images
  • ジェームズ・ダイソン氏(資料画像) (c) Getty Images
世界的な家電メーカーのダイソンは、2020年までの実用化を目指して、電気自動車(EV)の開発を始めたことを明らかにした。同社創立者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソンが26日に明らかにした。この事業には20億ポンド=約717億円を投資する。

社員向けメッセージの中でジェームズ氏は、80年代後半から90年代前半にかけてダイソン社は、ディーゼルエンジンの粉塵を捉えるフィルターを開発していた、という。同社の真空掃除機で特徴的なサイクロン式だったが、採用に興味を示す企業はなく、プロジェクトは頓挫したそうだ。「業界は、集めた粉塵の処理の方が問題だ、と言った。(人が)吸い込んだ方がいいのかな?」とジェームズ氏は皮肉る。

その後、メーカーはクリーンディーゼルの開発に力を入れるようになったが、ジェームズ氏も大気汚染の解消方法を求め続けていた。自動車メーカーの基本姿勢が変わらないと理解したジェームズ氏は、バッテリー技術の開発会社を立ち上げることにした。「電動車両が汚染を解決すると信じる」からだ。

ダイソン社はすでにデジタル制御モーター、エネルギーストレージ、流体力学、HVAC(暖房、換気、 および空調)などの技術をもっている。「それらを一つの製品に統合すれば、排気管にフィルターを取り付けるのとは異なる、問題を発動機レベルから解決する手段を得られる」とジェームズ氏は語る。そして、バッテリー式電動車両の開発を始めたと述べた。

ジェームズ氏によると、ダイソン社のエンジニアと自動車業界のエンジニアとで専門の開発チームが結成された。すでに400人以上が働いており、積極的に採用を続けていくそうだ。
《高木啓@レスポンス》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら