『ダンメモ』18年海外配信へ グリー、住友商事、イレーションの三社が協力 | GameBusiness.jp

『ダンメモ』18年海外配信へ グリー、住友商事、イレーションの三社が協力

市場 海外市場

(c)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会(c) Wright Flyer Studios
  • (c)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会(c) Wright Flyer Studios
TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』初のスマートフォン向けゲームアプリ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」の海外配信が決定した。配信は2018年初頭を予定している。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」はグリーのアプリ開発スタジオ・Wright Flyer Studiosが手がけたスマホゲームである。日本では2017年6月に配信がスタート。1ヶ月で300万ダウンロードを記録し、Google PlayおよびApp Storeセールスランキングでも上位にランクインしている。
アニメ『ダンまち』は日本のコンテンツを配信するプラットフォーム「クランチロール」にて2015年に海外配信を開始し、北米を中心に世界からも高い支持を誇る。ゲームの海外配信では、グリーがゲームの企画・開発・運営と版権の管理を担当。クランチロールを展開するイレーションは、住友商事と共同でゲームの配信・プロモーション・ローカライズサポートを行う。

住友商事はイレーションとともに2016年1月に投資会社を設立。日本アニメの製作委員会への出資や、海外の配信サービスや放送事業者へのコンテンツ販売を展開してきた。2017年4月にはイレーションが属する米国のザ・チャーニン・グルーと戦略的パートナーシップ協定を締結。エンターテインメントや先端技術分野に関する事業開発・経営・運営・投資に関する提携を進めている。
クランチロールは米国を中心に約2000万人のユーザーを持つ。アニメの配信で知名度を高めたのちに、ゲームアプリを配信する展開は今後も増えていきそうだ。三社はそれぞれが持つリソースやノウハウを持ち寄り、今後もゲームの海外配信を積極的に行う方針を発表している。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」
(c)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会(c) Wright Flyer Studios

スマホゲーム「ダンメモ」18年海外配信へ グリー、住友商事、イレーションの三社が協力

《高橋克則》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら