「GDM ゲームエンジニア向け勉強会 Vol.2」は堂前嘉樹氏を迎え、Unityのモバイル向け描画設計がテーマ | GameBusiness.jp

「GDM ゲームエンジニア向け勉強会 Vol.2」は堂前嘉樹氏を迎え、Unityのモバイル向け描画設計がテーマ

人材育成 学校

「GDM ゲームエンジニア向け勉強会 Vol.2」は堂前嘉樹氏を迎え、Unityのモバイル向け描画設計がテーマ
  • 「GDM ゲームエンジニア向け勉強会 Vol.2」は堂前嘉樹氏を迎え、Unityのモバイル向け描画設計がテーマ
  • 「GDM ゲームエンジニア向け勉強会 Vol.2」は堂前嘉樹氏を迎え、Unityのモバイル向け描画設計がテーマ
DeNAは、「Game Developer's Meeting」 ゲームエンジニア向け勉強会 Vol.2を6月27日に渋谷ヒカリエで実施すると発表しました。

今回は堂前嘉樹氏を迎え、「Unityを使ってモバイル向けの描画設計で考慮すること(+α)」をテーマに講演が行われます。モバイルのような低スペックマシンでのゲーム制作において、シェーダーや描画フローなどを中心とした、描画設計で考慮すべきことをメインに、GCC'17にて講演したUnityでモバイル向けにリニアワークフローを実装した話もされるとのこと。

参加費は無料で、エントリーはPeatixから行うことができます。また、交流を目的とした立食懇親会「GDM MeetUp!!」も、同日実施予定です。

イベントの概要は以下の通りです。

■開催イベント
「Game Developer’s Meeting」 ゲームエンジニア向け勉強会Vol.2
■日程
2017年6月27日(火)入場受付19:30開始20:00-22:00
■会場
渋谷ヒカリエ21F DeNAセミナールーム
■想定難易度
初級~中級
■参加資格
エンジニアとしてゲーム開発業務に従事されている方
■参加費
無料
■募集人数
60名(参加多数の際は抽選とさせて頂くこともございます。予めご了承ください。)
■募集期間
2017年6月6日(火)~2016年6月26日(月)
■参加エントリーPeatixページ
http://gdmengineer02.peatix.com
■Game Developer’s Meeting Facebookページ
https://www.facebook.com/GameDevelopersMeeting


■Game Developer’s Meeting」 ゲームエンジニア向け勉強会Vol.2-1
~Unityを使ってモバイル向けの描画設計で考慮すること(+α)~
<登壇者情報>
株式会社ロジカルビート
代表取締役 / プログラマー堂前 嘉樹氏


<登壇者プロフィール>
ゲームメーカー数社を経て2008年にバンダイナムコゲームス(現バンダイナムコスタジオ)に入社。鉄拳シリーズでメイングラフィックプログラマーとして活躍する傍ら、執筆も手掛け、2012年には『ゲームを動かす技術と発想』(CEDEC2013著述賞を受賞)を発刊。2014年に同社を退社し、フリーランスでの活動を経てロジカルビートを設立。『いけにえと雪のセツナ』ではグラフィック全般を担当し、講演や執筆活動にも精力的に取り組んでいる。

<企業URL>
http://logicalbeat.jp/

<登壇概要>
Unityで主にモバイルのようなスペックが低めのマシンでゲームを作成する際、その描画設計で気を付けていることをお話しできればと思います。(シェーダ、描画フローなどが中心になるかと思います。)あと+αとして、GCC'17にて行ったUnityでモバイル向けにリニアワークフローを実装したお話もします。
《kuma》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら