『KOF』『メタルスラッグ』のSNKエンタテインメント再始動―200以上のIPを用いたライセンス事業など展開 | GameBusiness.jp

『KOF』『メタルスラッグ』のSNKエンタテインメント再始動―200以上のIPを用いたライセンス事業など展開

企業動向 発表

『KOF』『メタルスラッグ』のSNKエンタテインメント再始動―200以上のIPを用いたライセンス事業など展開
  • 『KOF』『メタルスラッグ』のSNKエンタテインメント再始動―200以上のIPを用いたライセンス事業など展開
SNKプレイモアは、100%出資の子会社であるSNKエンタテインメントの再開および新規事業の開始を発表しました。

これまでSNKエンタテインメントは休眠化されていましたが、ゲーム事業とライセンス事業におけるコンテンツとノウハウを活用しSNKグループのブランド力を発揮した持続的成長を目的として、新規事業を展開することが発表されています。

■新規事業の内容
●1.映像・グラフィック制作を中心とする受託開発事業
これまで培ってきたゲーム・パチスロなどの映像・グラフィック制作における技術を用い、キャラクターデザインやエフェクトなどのデジタルコンテンツ制作、パンフレット・ポスターなどのデザイン制作を国内外の企業に向けて受託開発します。

●2.コンテンツを活用したライセンス事業
『ザ・キング・オブ・ファイターズ』『メタルスラッグ』など200以上のコンテンツを用いたライセンスビジネスやブランド、そしてノウハウを活用し、サブライセンス事業を展開します。

●3.その他 インターネット・デジタルエンタテインメント関連事業
また、インターネット・デジタルエンタテインメント関連の事業も展開するとのこと。
《すしし》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら