『スーパーロボット大戦』『魔装機神』を手がけたウィンキーソフトが倒産・・・2000年頃からヒット作に恵まれず | GameBusiness.jp

『スーパーロボット大戦』『魔装機神』を手がけたウィンキーソフトが倒産・・・2000年頃からヒット作に恵まれず

企業動向 発表

『スーパーロボット大戦』『魔装機神』を手がけたウィンキーソフトが倒産・・・2000年頃からヒット作に恵まれず
  • 『スーパーロボット大戦』『魔装機神』を手がけたウィンキーソフトが倒産・・・2000年頃からヒット作に恵まれず
『スーパーロボット大戦』シリーズなどを手掛けてきたゲーム開発会社・ウィンキーソフトの破産開始が決定し、倒産しました。

ウィンキーソフトは、人気シミュレーションRPGシリーズ『スーパーロボット大戦』の初期作品を開発したゲーム開発会社として知られ、関連作品である『ヒーロー戦記』『バトルロボット烈伝』『リアルロボット戦線』のほか、『スーパーロボット大戦』シリーズのオリジナルキャラクターから独立した作品として人気を得た『魔装機神』シリーズの開発を手掛けました。しかし、2000年頃からヒット作に恵まれず、銀行借入による資金繰りが逼迫。近年は再び『魔装機神』シリーズの開発や、スマートフォン向けゲームアプリの開発を行っていましたが、業績回復には至らず事業の継続を断念し、2015年11月10日に自己破産申請の準備に入っていました。

2016年2月5日に大阪地方裁判所より破産開始決定を受け倒産。負債総額はおよそ2億5000万円にのぼります。

『スーパーロボット大戦』『魔装機神』のウィンキーソフトが倒産 ― 2000年頃からヒット作に恵まれず

《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら