ゲームロフト、アフリカ市場へ本格参入―ナイジェリアオフィスを開設 | GameBusiness.jp

ゲームロフト、アフリカ市場へ本格参入―ナイジェリアオフィスを開設

企業動向 発表

ゲームロフト、アフリカ市場へ本格参入―ナイジェリアオフィスを開設
  • ゲームロフト、アフリカ市場へ本格参入―ナイジェリアオフィスを開設
ゲームロフトが新たにナイジェリアにオフィスを開設し、アフリカ市場へ本格的に参入すると発表した。

アフリカはモバイル通信がもっとも活発な地域の一つであり、2015 GSMA studyによればモバイルユーザー数の規模においては世界第3位だという。ゲームロフトはMTN、Orange、Vodafone、Safaricom、Ooredoo、Etisalatなど、アフリカにおける主要モバイル通信事業者と既に連携しており、南アフリカ、ナイジェリア、エジプト、ガーナ、コートジボワール、モロッコ、アルジェリア等でのプレゼンスを確立している。
またエチオピアやタンザニアといったその他のアフリカ諸国におけるリーチを拡大するためにも、今後さらなる通信事業者とのパートナーシップを締結する予定とのこと。

今回のナイジェリアオフィス開設に際し、ゲームロフトアフリカ・セールスディレクターのヴァンサン・ブレジヨンは「アフリカにおける新オフィスの開設はゲームロフトにとって、3億6,700万人という潜在顧客にリーチする上で非常に大きな一歩となるでしょう。ヨハネスブルグオフィスの開設、そしてアフリカにおける過去2年間の飛躍的な売上の増加は、アフリカの経済大国であるナイジェリアオフィスの開設を決定付けるものでした。また、本オフィスの開設により地域のパートナーとの協力関係がより強固なものになると確信しています。」とコメントしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら