VRワークスペースを開発するEnvelop VRが550万ドルを調達 | GameBusiness.jp

VRワークスペースを開発するEnvelop VRが550万ドルを調達

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

VRワークスペースを開発するEnvelop VRが550万ドルを調達
  • VRワークスペースを開発するEnvelop VRが550万ドルを調達
米シアトルに拠点を置くVR系スタートアップのEnvelop VRが、Google VenturesがリードするシリーズAラウンドにて550万ドル(約6.4億円)を調達した。

Envelop VRは、VR空間内に複数のウィンドウを表示して仕事が行える”VRワークスペース”を開発している企業。PCで複数のウィンドウを開いて作業するように、広大なVR空間内で作業が行えるというもので、Oculus RiftやHTC Viveといった複数のVRヘッドマウントディスプレイ及びキーボードとマウスにも対応する予定。同社では2016年後半のリリースを目指しているという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら